京商   CALMATO 40スポーツ

ARF Almost-Ready-To-Fly:接着剤は一切使用しないで完成できる。

1年半振りにエンジン機を作製。

OS MAX40F SR 2サイクル搭載、

総重量2650g(テールヘビーとなり機首部に300gの重りを搭載しないと重 心が取れなかった)、機長1400mm、翼長1550mm

平成22年10月24日 完成、初飛行。今までのエンジン機の中では最も飛ばし やすい印象を得た。

機体の性能が良くなっているのか、操縦がうまくなっているのかは不明。

平成23年6月18日 1回目飛行後OS MAX40F SR が全く始動せず。ピストンの圧縮がかからず。
機分解した結果おそらくコンロッドが何らかの原因で曲がりピストンの圧縮に影響を及ぼしているのではという結論で、エンジンをTRAINER40に搭載し ていたOSフォーサイクル「48」に交換。7月23日交換後無事飛行。しかし台風の不規則風の中7月24日飛行着陸時滑走路をはずれ、中破。機体修理後8 月13日に従来通り安定飛行を行った。


Calmato40 Sportsの飛行(平成22年10月31日)


平成23年8月20日 TOMODACHIシール

がんばろう!東北!

OS FS 48にて順調に飛行

同左







戻る