テトラ サーカス20SR

平成19年12月22日:エンジンをOSMAX25からOSFS30Sフォーサイクルエンジンに換装し、初飛行。OSFS30Sはチェロキーに載せ たSAITO FA30Sより初回の印象では音は甲高く、力はやや劣る(カタログでは出力は同じだが)と感じました。

平成19年12月23日:プロペラを95から94に変更したところ、不安の無いスピード、引きが得られました。慣熟までは94で飛行。

データー:機重1080g(電池、燃料を除く)、翼450g、計1530g

動画(平成20年2月9日 残念ながら着陸は映っていませんでした)

OSFS30Sを載せました。


プロペラを94に、ついでにスピンナーも変更。

平成20年1月2日

紙粘土で作ったパイロットを載せました。

同左

平成20年1月2日 1飛行

パイパーカブとツーショット





戻る