エンジン飛行機のページ 工事中工事掘り起こし

昔の飛行機(現存しません)

スバル

初めて作ったバルサキット。低翼のかっこよさに魅せられて作りましたがメーカーは覚えていません。完成後グラウンドでの初飛行時、浮い た後コントロールで きず失速で終わってしまいました。

初めて自力で飛ばした高翼機。

OKのQuick Build

シリーズでベニヤとバルサのキットでした。2機作製し飛行の基本を覚えた思い出の機体です。

タイガー25H肩翼(Tiger 25H)

生田無線より発売されていた当時では珍しいバルサに絹張りの完成機でした。

KATO MODEL AIRCRAFT のキットで、飛行せずにディスプレーに徹しました。

京商のデカスロン

S FS-40 4サイクルを搭載しました。安定した飛行が楽しめました。写真は他社製

SKY -TRAINER

生田無線飛行機研究所。肩翼のトレーナー機。設計図のみ残っています。


現存の飛行機


テ トラのサーカス20SR。完成日不明(少なくとも19年以上前)。入間川のクラブ飛行場で飛ばし、エンジ ン機でのロール、ループの曲技飛行を初めて行った機体。エンジンはOSMAX25。現役。平成19年12月22日エンジンをフォーサイクルに。(写真ク リックで紹介ページへ)(動画有り)


「プレーリー」1989年9月6日初飛行で、現役。エンジンはエンヤ 10。(写真クリックで紹介ページへ)

Piper Cub J-3

OKモデルキット。OS FS-40 4サイクル搭載。再調整中。

OKのEZチェロキーで完成日不明、OSMAX20からSAITOFA-30Sー4Cに載せ替えました。載せ替え後の初飛行は平成19 年3月3日。現役。(動画有り)(写真クリックで紹介ページへ)

久し振りにエンジン機を作製 08年2月3日完成。

HOBIX JAPAN Trainer 30(動画有り)(写真クリックで紹介ページへ)

HOBIX JAPAN Trainer 40

Trainer 30に続いてのエンジン機、初めての40クラス。

1年半振りにエンジン機を作製 10年10月24日完成初飛行。京商 Calmato 40Sports(写真クリックで紹介ページへ)

平成23年7月2日完成

Seagull Model Decathlon46

機長 1270mm、翼 1720mm

(写真クリックで紹介ページへ)

平成29年5月11日完成初飛行
Aero Subaru40
機長50インチ(1270mm)、翼長64インチ(1630mm)

(写真クリックで紹介ページへ)

平成30年10月18日完成初飛行
World Star 40 F
機長53インチ(1350mm)、翼長67インチ(1700mm)

(写真クリックで紹介ページへ)